庭と一体の住宅とする
住宅の外観の雰囲気を一番左右する要素はなんでしょうか?それは外構(エクステリア)だと思うのです。例えば、住宅街において、古びた感じの家屋でも熟成した庭の植栽からの印象のおかげで、住む人の教養や品位を感じられます。そんな、一種のにおいをかもし出す「たたずまいの良い住宅」は好ましく思えます。そもそも「家庭」という言葉も「家」+「庭」という成り立ちがあるほどで、いかに日本人にとって、庭。すなわち自然は不可欠であったかがよく分かります。窓からの景色に疲れた心も癒され、子供の情操を育まれるものであり、時には家庭菜園として食卓を彩る実りをもたらしてくれます。庭は、家族が家とともに一体感を持つための大切な装置であると思うのです。私どもの設計においては、外構を必須項目として考え、住宅と一体として提案していくことを基本ルールとします。

庭と一体の設計手法
設計にあたっては、初期の段階で、庭と建物のゾーニング(区分け)を同時に行うことが、あたり前なことのはずなのに、世の中、案外おろそかにされています。庭と室内のつながりを大事にし、長時間過ごす内部スペースと、そこにつながる外部スペースを一体で考えると、間取りというものは必然性が生まれてくるし、「中」が「外」によって質が高まっていきます。周辺環境を含めた たたずまいを観察し、借景となる庭があれば拝借することは基本となるし、お隣の庭につなげるように庭を配置すれば、スケールの大きな緑地帯がつくれます。外観でかたい印象が強くなる角(カド)の部分には、植栽を配置すれば印象が和らげられます。このように、ラフな段階から色々な角度からの考察をつづけていきます。リビングからの「景色」となる植栽を、反対方向の道路から眺めれば「窓の目隠し」になっている。同時に建物を引き立てる「刺身のツマ」の働きもしている。このように一石三鳥の働きをする部分は、手抜かりなく植栽を考えなければいけません。

消耗品とならないデザインへ
ハウスメーカーは販売主体の会社ですから、住宅を商品と捉えて外観デザイン流行を取り入れようとします。南欧風の乾いた黄色見の外壁がはやったと思ったら、数年であっという間に廃れてしまいました。近年はモダンごっこをしたBOXタイプの住宅がもてはやされたが、ローコスト系がまねするようになると飽食感が出来てきたように思えてきます。いずれ10年後にはすべてが過去のものになり「ああ・・あの頃の家なのだね」と思われることは間違いないでしょう。 こうした、住宅のデザインに流行を取り入れるという考えを私どもはやめることにしました。住む人は、流行の終わった洋服みたいに買い換えるのなら簡単でいいのですが、住宅はそうはいかないからです。

地元に一番ふさわしい住宅を目指す
私どもは「地元に一番ふさわしい住宅は何か?」常に問い続けてまいりました。「家のかたち」外観の設計については、パッシブな配慮のされた設計であるべきで、「軒(のき)」と「庇(ひさし)」は、日射の制御だけでなく、雨で家が朽ちるのを守り耐久性へも大きく貢献し、もたらす壁への陰により陰影が深く感じられ、静けさの感じられる表情になります。もちろん、植栽を中心とした外構の働きは、建物の造形以上に周辺への影響を与えます。可能なだけ木を植えたいものです。その結果生まれてくる「静かな雰囲気のある住宅」は、地元にふさわいと思います。「家のつくり」として何が大事であるか?それも地元の気象特性に配慮すべきでしょう。快適に住む上では、高気密高断熱の技術は基本となることでしょう。そして「住み心地」をよくするならば、気候風土の特性に合った、素材の選定することが必要となるでしょう。地元の風土は、夏は蒸し暑い 冬には乾燥したからっ風が吹き抜け寒い。夏と冬の気温差・気湿差が大きい気候なので、仕上げは呼吸しない新建材ではなく、土や木のような呼吸素材を中心に選択したいものです。

スタンダードなベストバランス
最後にまとめとなりますが、以上のように家づくりは、住む人を取り巻く様々な要素の総体として住宅がなされることと言えるでしょう。どんな家づくりにも予算というものがあります。それを無駄にせず適材適所バランスをもって実現させてゆくことが私どもの仕事と思います。出来上がるのは一件の住宅に過ぎませんが、住む人の暮らしを豊かに変えるだけでなく、地元を少しでもより良いものに変えてゆく力があると信じて・・・。




展示場めぐりの罠
住宅に関心を寄せるようになるとまず足を運ぶのが集合住宅展示場でしょう。おもいっきり非現実的なモデルハウスで舞い上がってしまう人も多いはず。至れり尽くせりの営業マンの話についついその気になり、安っぽい工業製品の既製品ですべて仕上げられた、ローコスト系のビルダーとさほど違わない住宅を高く売りつけられそうになる・・・。財布と相談し我に返って挫折感をもちながら、結局は味気のないローコスト系ビルダーで家を建ててしまう。こうした例は非常に多いのではないかと考えています。主体性なく知名度から入ってゆく家づくりは、いずれにしろ低品位な家づくりしかたどり着けません。

坪単価という罠
数を追求した家づくりをする大手住宅会社は、標準仕様というルールを設定し、坪単価というどんぶり勘定で価格を提示してきます。本来の住宅価格の設定は発生原価と数量に比例するのが筋ですが、「坪単価x大きさ+オプション工事」という積算数量に必ずしも比例しない方法で価格を扱います。なぜそうするのかとしては、@設計士ではない営業マンでも価格を説明でき、数を多くさばけるため。A表向きの価格を安く見せるため。なのです。そのために、なるべく手間のかからないよう、注文性の高くなるオプションを割高になるように価格設定をしております。結果として無個性な味気のない住宅を量産させます。これでは、真の意味でのコストコントロールと、個性的な家づくりが出来るわけはありません。私どもはもちろん「積算見積もり方式」を採用します。豊富な過去の施工事例や、素材サンプルなどをお見せしながら、ご希望の予算でどこまで最適なバランスを実現できるか、迅速に答えが出せるようになっております。さらに、価格は建物本体だけではなく「建築総額の提示」です。つまりは、予想される地盤改良工事や外構工事、暖房器具や製作家具などの全てをかなえた状態での建築総額をお見積もりいたします。ですから、ご契約時の見積もりから、お引渡しに追加で大きく予算超過するという事態がありません。

よけいな経費はかけない経営
大手ハウスメーカーは地域の工務店と比較して、住宅の質と関係ない膨大な経費を使っております。@営業マンの人件費A展示場の出店コストB広告費C パンフレットの販促費用以上の合計で1棟あたり180万円コストが上乗せになっているという情報があります。(建築知識ビルダーズ調べ)私どもは、このような建築の質を下げうる経費をかけないでローコスト経営に徹して、主にインターネットでの反響から注文を頂いております。経費を掛けずに高い生産性を実現しております。その成果として「高品質・高性能・美しい住宅」を手の届く価格で提供しております。

大きくて狭い家、小さくて広い家
まず質問します。大きな家は広い家ですか?小さな家は狭い家ですか?実のところ、大きな家が広い家であるということは限りません。広いとか狭いとかは、その空間の広がりがどこまであるかどうかのお話で、家の規模とは異なるからです。例えば、むかし農家の建替えをお手伝いしたことがあります。その時に90坪もの農家住宅をどのように使って暮らしてるかを調査をしました。住宅は大きいですが、8畳と6畳間が廊下でつながっている間取りで部屋数だけがやけに多い。さらに冬になると暖房のある場所以外には人が居られないから、ほとんどの空間が死んでいる。90坪の豪邸でも実際には20坪ほどしか使っていないことが分かりました。これは典型的な「大きくて狭い家」の事例です。

オープンなプランニング
一般的な用途の住宅において目指すところはその逆で、「小さくて広い家」です。実際のメリットは数々あげることができます。@建築費や維持管理費、税金、光熱費が安くなる。A無駄に歩くことが無いので疲れない。だから、住みやすい。B戸の開閉の頻度や湿度差も含めて、障壁が少なく(バリアフリー)で住みやすい。Cもちろん視覚的な広がりは気持ちいい。小さく広い家を造るにあたっては、建物内部の広がり、建物内部と外部の広がり。上下階でのつながり。この3点の広がりを意識し、同時に落ち着きのために壁をどのていど設けるか、囲まれ感を損なっていないかなどをバランスを取りながら設計する必要があります。広ければよいというものでもない。過不足なく最適であるという状態の模索です。さらに、小さなお子様のいらっしゃる家庭は、子供室を最初から設けず、ホールとオープンスペースにして設計する場合が多いです。スケルトン(骨組み)と間仕切りを切り離すことで、将来自由に間取りを変えることを可能にできます。
ここで忘れてはならないのが、「断熱性」です。断熱性をともなわない大空間というのは経済性と快適性を損ない不満だらけの結果となります。オープンな空間とするには、次世代省エネ基準の北海道地区並みを目安に断熱性を高めておく必要があります。

ファミリースペースがうまくいけば合格
住宅の空間設計するに際して、全体に均等に力をいれるよりも、重要な空間に優先的に良くしてやろうという心構えで取り組んだほうが満足度が高いようです。それでは住宅において一番大事な空間はどこでしょうか?比較的関心の高い場所ですけれど、水まわりでもない、収納でもない。ここは大事な空間がちゃんと機能するためのサーバンドスペース(召使い)であって、主役ではありません。住宅の主役はファミリースペースだと考えます。家で過ごす時間は、就寝している寝室が一番長いかもしれませんが、寝ているわけですから意味がありません。家族が食事をし、交流し、家族らしい時間を過ごす場所。そこはリビングダイニング(居間・食堂)と呼ばれる空間です。ここがもっとも豊かであるべきで、外部の景色や光をたっぷり取り入れてあげよう!温熱について上質に…食事の後はゴロリと横になりたいと旦那さんが希望すれば、畳の仕上げの場所があってもいいでしょう。食卓を囲んでダラダラと時間を過ごす家庭もある。それならダイニングテーブルにこってみましょうか?ファミリーのスペースには何が持ち込まれるのか?それによって住宅の個性が出てくることでしょう。真ん中に愛犬のためのゲージがあってもよかろうし、書斎・パソコンスペースが充実しているモデルケースや、オーディオにこったモデルケースもありましたね。それが正解というわけではない。その家族にピッタリで豊かで楽しい空間ができたとしたら、例え些細な何かうまくいかないことがあっても、家づくりは合格と思えてくるものではないでしょうか?

パッシブな設計手法
本当に快適でエコな住宅にするためには、なるべく機械の動力(アクティブ)に依存しないで、自然の摂理をうまく住宅に取り入れる設計上の配慮が極めて重要です。受け身(パッシブ)な技術ですので、パッシブデザインといわれております。制御すべき最大の要素は太陽の光と風です。ということは、開口部周りをどのように設計するかが重要で、冬の低い南中高度の太陽光を最大に取り込み、逆に夏の上から射してくる光を遮蔽のために軒の出やバルコニーで、南面の日射を制御すること。また、軒では防げない東や西の日射を植栽などでどう防ぐか。また、夏のエアコンを最小限にするために風をどう捕まえて、家の中にどのように通風させるか。開口部に関わる全体的な扱いがパッシブデザインのノウハウの中心です。パッシブデザインとは、近年急速にノウハウが確立された設計手法ではなくて、古の時代の寝殿造り・高床式校倉倉庫までさかのぼっても、日射や通風に対して最適に設計しようという考えが見て取れます。日本の気候に最適に適応しようと、千年以上にわたって洗練されてきた日本建築のエッセンスはパッシブデザインの思想に通じますし、日本人の持ち合わせている感性である「自然と寄り添う」ことの体現とも言えるでしょう。日本の近代木造住宅においては、建築の神様、「アントニン・レーモンド」の施工事例をみても極めてパッシブさを意識したデザインを見て取れます。レーモンド発のジャパニーズモダン住宅は、日本の伝統建築と西洋の建築技術の融合から生まれています。伝統建築のデザインの特徴を科学的なまなざしで法則化して取り込んだともいえるでしょう。私どもの設計も、パッシブなデザインで、自然と寄り添う住宅のありようを追求してゆきます。

合理的な外張り断熱が快適空間を生みだす
室温が外気温に影響される、冷暖房をかけていても部屋ごとの温度差に悩まされる・・・これらの家の中の温度にまつわる不満は、断熱をしっかりすることに大きく関わっています。これから何十年も住み続ける住まいだからこそ、年を重ねても、子どもや孫にとっても、快適に暮らすことのできる住まいをつくることが大切だと考えます。もちろん住まいをしっかりと断熱することは、電気代削減・環境への負荷削減へとつながります。
高性能な断熱材が柱・梁の外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、安定した断熱性・気密性能を実現できる外張り断熱工法をすべての建物に標準とします。外側で断熱することで、夏・冬を通して壁体内も室内と近い環境になり、室内との温度差が少なくなります。そのため、壁体内での結露も少なくなるわけです。しかも、ボード状の断熱材を柱の外側から張り、継ぎ目に気密テープを貼るだけで気密施工が完了します。だから、隙間が空いて湿気が壁体内に侵入する可能性も軽減できるわけです。

住宅の基本性能は、大別すると「構造的な強度」「断熱性能」にあるといえます。この2つの分野は、「長く快適に住む」上での根底を支える性能ですので、確実に基本性能をなしえるべきと考えております。構造的な強度は耐震基準が義務化され、「あたりまえ」が実現されましたが、断熱性能はいまだに義務化がされていないために、「遠赤外線でポカポカ」だとか「ウールを使うから暖かい」とか、実際は薄い断熱材で非気密住宅であっても、科学的な根拠に根差していない、売らんがためのイメージでの家づくりがまかり通っています。

素材のさじ加減
私どもは無垢の木質感覚が好きです。木を使う理由は単純に「素材感」が好きだからです。その素材のもつ肌触り、床の足触りの気持ちよさ。いわゆる風合いがよく、なにげなく眺めた時、心が感じる優しくなる気持ち。不思議なもので、すべて壁から天井まで、すべて節がある板張りで仕上げた空間は山小屋みたいで目が疲れてしまいます。さらには、木は経年変化で赤味を増して暗くなるという性質もあるので、全部木質だと将来は暗い部屋になりかねません。また、木質素材に限らず、石、土、紙などの自然を感じる素材のテクスチャーにも、心が揺さぶられる力が秘められています。こうした素材の適材適所考えるところに家づくりの面白みと深さがあると思うのです。

時とともにアンティークになる家へ
新建材とは「合板フローリング」や、「石目調サイディング」などの、ニセモノ建材のことです。つくる側は、打ち合わせが簡単でコストも安いから使いたがるのです。住む側もコスト優先でいくから、世の中は新建材で包んだ家ばかりが建ち並ぶようになりました。つくった時が一番きれいで、だんだんみすぼらしくなる素材。結局は消耗品によって出来た住宅は愛着が持てずに粗末にされてしまうと考えます。一方で、木材を代表とする本物の素材は、時間とともに美しく表情を変えてゆく。白木は赤みを帯びてゆき、最後には飴色にやけ、艶やかになる。まるで人間の成長のように、住む人の命リズムに歩幅を合わせるように、住む人と共に落ち着きを見せていく。そんな生き物的な存在だから愛着がもてるのです。時間を刻み込みながら風格を増す、アンティーク家具のような住宅。私どもの目指すところはそうした住宅です。

木質感を大事に
もともと「休む」という漢字は、木と人とがともにある状態を表現したものです。まして、国土の66%を森林に囲まれ、千何百年と木の家に親しんできた日本人のDNAには、木とともに居ることへの喜びを感じる心が強く残っています。帰ってくると心の安らぐ家。そこにいるときもちのいい家。住めば住むほど愛着の沸く家。それをつくるためには、木質感が必須だと私どもは考えます。素足で過ごす日本人だからこそ、常に感じることになる足裏の感触は、もっとも重要な感触だと思うのです。無垢で質感の良い床材の足触りは原始的な感覚を呼び起こすように思えるのです。他にも木の素材の様々なメリットが・・・。

自然な植栽
忘れず大事なのが、そこに住む家族の管理意欲です。積極的に楽しもうとする人と、できるだけ管理がいらないものを希望される方もいます。多数の後者のためには、選定や冬囲いの必要な松などの「仕立物」をなくす事は当たり前で、自然な樹形そのままで鑑賞できるもの主体で構成します。次に、庭の管理で苦しめられるのは「雑草」です。対策としては土に日が当たらないように影を作り出すことになります。だから樹木を植えてある庭は、樹木の日影のおかげで雑草の勢いは弱められ、管理はむしろ楽です。また、小熊笹や玉竜、ヤブコウジなどの潅木や宿根草を繁殖させてグラウンドカバー(地表を覆う)すると雑草は生えにくくなります。このように雑木林のように、重層的に植生バランスがとれた状態は理想的であって、長期管理の容易な庭になります。一方で草花主体のガーデニングスタイルは、もっとも管理に手間を要するスタイルといえますので、マメに手を加えられる愛好家向きの庭といえます。